ヒトプラセンタジェルの副作用や安全性を成分や原料から調査【検証結果つき】

ヒトプラセンタジェルの副作用と気になる安全性

医療用医薬品にはそれぞれに副作用があるのはご存知でしょうか。

通販で購入するので気になるところですよね。

ヒトプラセンタ ジェルも医薬品ですので副作用はあります。

しかし、ヒトプラセンタによる副作用は注射をした際のアレルギー反応だけです。

ヒトプラセンタ ジェルに限って言えば副作用はほとんどないと考えられます。

プラセンタジェルとして肌に塗った時、アレルギー反応などにより塗った部分に刺すような痛みを感じたり、皮膚に赤みや蕁麻疹ができたりなどの副作用が起こる可能性はあります。

肌との相性がありますので肌に合わないと感じた方は使用を中止したほうがいいでしょう。

しかし、ヒトプラセンタ ジェルの副作用はそこまで気になるほど大きなものではありません。

 

 

ヒトプラセンタジェルは妊娠中に使える?

妊娠中にヒトプラセンタを購入して使ってみて、おなかの赤ちゃんに影響がないか気になるところですよね。

基本的には妊娠中の妊婦さんは使用を控えるのが望ましいとされています。

しかし、妊娠中にプラセンタの注射を美容外科許可の上で実施された例もあるので、あまり神経質になりすぎる必要はないでしょう。

口コミが気にある方は、こちらもおススメ

ヒトプラセンタ ジェルの効果はブログや口コミでも話題!

 

ヒトプラセンタジェルの成分を解説

ヒトプラセンタ ジェルの成分を知りたくて、買ってみた後に箱を見てみると表記が英語なので分かりにくいです。

読んでみると、成分1g中ヒトプラセンタエキス0、1gとあります。

プラセンタが10%も配合されているということです。

 

オオサカ堂のヒトプラセンタの購入ページを見てみると、

ヒトプラセンタエキスの成分には、

糖類,酵素,脂肪酸,核酸関連物質,活性ペプチド,アミノ酸,グロスファクター(成長因子),タンパク質,ビタミン,ミネラルなどが入っています。

とのこと。

通販サイトで、プラセンタがここまで高配合のものはなかなかありません。

ヒトプラセンタエキスですが、この中に含まれる有効成分がすごいのです。

それが10%も入っているということです。

 

この成長因子が細胞を活性化して、新しい細胞を作り出す作用があるそうです。

そのはたらきのおかげで、皮膚の線維細胞を増やし、コラーゲンやヒアルロン酸の生成が促進され新しい細胞が次々と生み出されて老化現象が抑えられるということなのです。

 

 

ヒトプラセンタジェルの原料

スーパーで売っているもの、通販で買ったもの、全てのもの(ジェル状にするものや香料など、原材料や添加物まで)を日本では表記しなければなりませんよね。

ヒトプラセンタ ジェルの原産国はインドです。

そのため、成分の表記がかなりシンプルなのです。

 

 

ヒトプラセンタジェルは冷蔵庫に保管するべき?

通販で購入した後の保存方法が気になりますよね。

常温で保存をしても、よっぽどの環境化や長期保存をしなければ、腐ることはないでしょう。

ただ、おすすめの保存方法は冷蔵庫に保管しておくことです。

ヒトプラセンタ ジェルの状態を一定に保つ意味もあり、更に冷蔵庫に保存しておくとお風呂上りや夏場に使用した時ひんやりとして気持ちがいいのです。

ヒトプラセンタ ジェルの保存方法で迷っている方は是非冷蔵庫に入れてみてくださいね。

 

 

ヒトプラセンタジェルの使用期限はどのくらい?

通販で購入した際、必ず確認しましょう。

ヒトプラセンタ ジェルの箱の表記を見てください。

大体使用期限は2年と表記されています。

そのため、通販で購入したヒトプラセンタ ジェルを効果的に使うためにも2年をめどに使い切るようにしましょう。

 

投稿日:

Copyright© ヒトプラセンタジェルの効果はブログや口コミでも話題! , 2018 All Rights Reserved.